2017年

4月

13日

第5回四万十・足摺無限大チャレンジライド前編

今回のお仕事紹介ブログは、早春のロングライドイベントとして

すっかり定着した感もある「第5回四万十・足摺無限大チャレンジライド」!

その長く苦しくもあり、楽しくもある2日間を、

じっくりと振り返ってまいります。

 

今年のポスターはコレ。モデルは大月町地域おこし協力隊員の

永井みさえさんです。足摺コースを一緒に疾走しましたよ~。

 

弊社・相愛が運営させていただき3年目となる本イベント、

さきほどちゃらっと書きましたが、今年は3月1112日の2日間の開催です。

宿毛市をスタート・フィニッシュ地点とし、初日はおなじみ四万十川を

巡る156.5kmのロングライド、2日目は足摺方面を巡る

ミドルコース136.5km、ショートコース108.7kmのロングライド。

そして、2日間参加で無限大コース! というラインナップとなりました。

トータル約500名の出場者が西南高知を駆け抜けます。

 

2日間開催と聞くと雨と強風にやられた一昨年の2日目・

四万十コースの壮絶な悪戦苦闘を思い出しますが、今年はいかに!?

どんなドラマが待っているのでしょうか!?

今年も写真てんこ盛りで振り返ってまいりたいと思います!

 

スタッフ集合朝6時、今年の会場は宿毛市総合運動公園。

 

この時期の旬・高知名物土佐文旦も準備オッケイ。

 

運営スタッフはいろいろバタバタ中。

 

それにしても、広くていい場所ですね~。各種運動にもってこい。

建物の左には陸上競技場も併設されています。

 

お、早くも出場者の方がいらっしゃいました。お話を聞いてみましょう。

 

本日の一番乗り! 北川村からいらした植田さん。

「一昨年足摺ミドルコースを走りました。今年は山側を走ってみたいと思って

四万十ロングに挑戦です。会社の仲間といつも一緒に走っていて、

今日は4人でエントリーしています。マラソンも15年くらいやってますが、

バイクは遠くまで行けるのがいいですね。風景を眺めながら、

途中で写真も撮りながら完走を目指したいと思います」。

 

天気予報によると、今年は両日好天に恵まれそう。

楽しいライドになるといいですね~。

 

受付は今年も郵便局のスタッフさんがボランティアで参加。

コースのあちこちでも誘導他お願いしています。

 

出場者の皆さんもパラパラと集まり始めました。

 

お、弊社・相愛チーム発見。左から永野社長、木質バイオマス事業課・松岡、

そのご友人の須佐美さん。「昨日、仕事の合間に作戦会議を開きました。

ずばり、3人で仲良く走って最後はレース! ご期待ください」。

 

若人がいました。地元宿毛工業高校の生徒さん3人衆。

「今回初出場です。地元開催だし出たいと思いました。

いろいろな人と仲良くなって、ロードバイク仲間を増やしたいです」。

 

当ブログでもご常連のご夫婦を発見!

 

中村さんご夫婦from香川!

「もちろん無限大コース! です。今年は夫においていかれないように頑張ります。

一昨年の雨風は辛かったけど、今年はあったかそうだから大丈夫かな。

今年も夫婦揃って完走目指しま~す!」

 

昨年側溝に立ち、帰ってくる皆さんを励ましたMCの松本さん、

今年も電波の状況からか、微妙な立ち位置でアナウンススタート!

 

ぞくぞくと出場者が集まってきました。

 

スタート地点もだいぶ自転車が増えてきましたね~。

 

一昨年もインタビューさせていただいた広島県チームモダニチカ谷本さん(中央)

とお仲間の皆さん。「一昨年の四万十コースは雨で大変でした。今年は晴れそうなので

景色を楽しむ余裕もありそうです。完走目指して頑張ります!」

 

無限大出場の河嵜さんと四万十ロングの小林さん。

河嵜さん「小林さんとはホテルが一緒で仲良くなって、一緒に走ろうって言ってます。

それより今朝財布拾って、見たら何万も入っていて交番行ったら無人で、

しょうがないからここまで持ってきて本部にあずけました。

朝からてんやわんやです」。

 

小林さん「一昨年足摺コースを走りました。今年は山側にチャレンジです。

僕も朝からパンクして修理が大変でした。2人共無事スタート地点につけて

良かったです。いろいろ無限大な2人、よろしくお願いします!」。

 

サイクルセーバーの皆さんも準備オッケイ!

 

時刻は740分を周り、セレモニーの開催です。

 

大会本部となっている宿毛市・中平富宏市長からご挨拶

「今日は晴天に恵まれました。無事故で楽しく走りましょう!」

 

今日は一日頑張るぞ!「エイエイオー!」

 

さあて、いよいよ第5回四万十・足摺無限大チャレンジライドの幕が開きました。

 

緊張のスタートシーン。109876

 

いざスタート! 四万十ロングライドにいってらっしゃ~い。

 

続々とスタート! うららかな早春の風に吹かれ、颯爽とコースに飛び出していきます。

 

今年も行こう微笑んで!

 

おおっと、会場の宿毛市総合運動公園、早朝の景色がよく

ついついスタート地点で長居をしてしまいました。

急いで選手を追っかけましょう。

 

まずは一昨年も通った四万十市防災センターへと続く

堤防の道。大金が入った財布を拾って“てんやわんや”の河嵜さん。

にこやかに通過中。

 

愛媛の北岡さんナイススマイル!

朝からパンクして“いろいろ無限大”な小林さんもにこやかに通過中。

 

香川の富山さん、きょうは天気が良くて気持ちいいですね~。

 

のどかな川辺の風景に溶け込むライダーの皆さん。う~ん絵になる。

 

ところ変わって四万十川下流域。川が水色です。

 

チームモダニチカの谷本さんご機嫌です。徳島の新居さんはなぜか

しかめっ面でガッツポーズ。暑いのでしょうか?

 

ありゃ番号が見えませんが、お二人さんナイススマイル!

 

コースはここから四万十大橋を渡り、丘を登ったり下ったりしながら

黒潮町に向かいます。

 

サーファーのメッカ入野海岸付近を疾走する皆様。快調です。

 

そんなこんなで給水ポイント道の駅ビオス大方到着!

 

何を食べてるのでしょうか?

高知の笹岡さん、佐々木さん。「かつおたたきバーガー最高です!

いつも中土佐、室戸のトライアスロンにも出ています。

きょうはファンライドなので楽しく走れるのがいいですね。仲間と一緒に

エイドのおもてなし品を食べまくって“おいしく”走ります!」。

 

岡山からいらした桝本さん、栢野さん。

「ユニフォームで同じ岡山のチームとわかって仲良くなりました。

景色がめちゃくちゃいい。山の匂い、草の匂い、海の景色を楽しんでいます。

かつおたたきバーガーおいしいですね。ソースがパンとかつおのつなぎに

ぴったりの味で、イタリア風な感じがします!」。

 

道の駅ビオスおおがたのかつおたたきバーガー、

出場者の皆さんに大好評でした! 先を急ぎましょう。

 

海岸線を快調に飛ばす皆様。

 

浮鞭付近で香川の中村夫妻をキャッチ。奥さんが前を引いてますね~。

 

う~ん見事なコバルトブルー。気持ちよさそうだ~。

 

景色を楽しんでもらえたかな~。

 

皆さんまだまだ余裕ですな~。

 

坂道もみんなで登れば辛くない!

 

宿毛工業高校も頑張ってます!

 

ほいでもって最初のエイドステーション道の駅なぶら土佐佐賀に到着。

 

チェックポイントへの立ち寄りもお忘れなく。

 

大分の佐久間さん、福岡の重松さん

「とっても幸せなサイクリングを楽しんでいます。景色も良くて気持ちがいいです。

信号も少なくて走りやすいですし、海も四万十川もキラキラ光り輝いていたのが

ともて印象的です。外洋だからかな、とっても美しかったです!」。

 

コースはこの先で56号線から別れて山の道に。

だいぶゆっくり来たので、四万十川沿いでまで先回りしましょう。

 

東京からいらした橋本さん、ポーカーフェイスでグーッ!

四万十川を楽しんでますか!?

 

“いろいろ無限大”な小林さん、最高のスマイルで通過!

 

岡山の国末さん、高知の高橋さんも万遍の笑顔で通過!

 

香川の中村さん、今度は旦那さんが前を引いてます。グーッ!

 

あっというまにエイドステーション道の駅四万十大正。

 

こちらではシイタケうどんとしょうが大福がお出迎え。

 

おっと常連さん発見。大阪の北村さんと、さきほど笑いながら走ってた岡山の国末さん。

北村さん「晴天に恵まれてよかった~。一昨年に比べて天国のようですね。

毎年夜は、おいしいものを肴に高知のお酒を堪能していま~す。それが楽しみで…」。

国末さん「片坂を迂回する新コースは車が少なくて走りやすかったです。

エイドの食べ物も豊富でうれしいですね~! 笑いが止まりません」。

 

いいですね~、今年のチャレンジライド。お天気もよく、ポカポカで

エイドの食事も例年以上に充実! まさに微笑みの大会と化しています。

ではでは四万十川と一緒に川下に下って行きましょう。

 

沈下橋もポカポカしています。

 

四万十中流域を駆け抜ける面々。

 

ポカポカしています。

 

ちょっと水が引いてますが絵になる景色です。

 

時が止まったような風景の中、自転車のシルエットだけが流れていきます。

 

ポカポカして眠くなってきました(失礼!)先を急ぎましょう。

次のエイドステーションは、昨年オープンしたばかりの道の駅よって西土佐。

住民の顔が流れ飛ぶPRビデオも話題です。

 

よって西土佐。テーマソングは「あゆ、あゆ、あゆあゆあゆ」。

 

写真を撮ったりして盛り上がっています。何がふるまわれているのでしょうか?

 

じゃん、おいしそうなロールケーキにいちご乗っけ!

 

とどめに小豆たっぷり、おぜんざい!

デザート関係はお任せあれの気の利いたラインナップです。

 

高知市の辻さんと須崎市の佐々木さん。

「天気がよくて四万十川を楽しんでます。食べ物もおいしいですね。

まさかのスイーツも出て、フルコースを堪能しています」。

 

朝一でお話を聞いた植田さん(左)の同僚の菅原さん。

「景色が気持ちいですね。2年前に会社の仲間に誘われてバイクを始めました。

ファンライドは室戸、しまなみ、と今回で3回目です。坂がきつくて

四万十川を眺める余裕はないのですが、楽しんでます。

今、単身赴任で高知に来ているのですが、カツオが大好きなので、

高知のタタキを存分に楽しんでいます!」

 

お腹もいっぱになったので、そろそろ再スタート。

 

後はゴールを目指すのみ! でもここからまだ約30km

続いての撮影ポイントは、四万十川と言えば!

沈下橋! 今年は岩間の沈下橋を渡ります。

 

待ち伏せして最初にやってきたのが、

道の駅なぶらでお会いした佐久間さんと重松さん。

どうやら四万十川をご堪能の様子です。

 

愛媛の駄馬さんもゆっくり再スタート。

※沈下橋は安全性に考慮して歩いて渡っていただいています。

 

一昨年の苦しさ無限大の四万十コースを完走し、解説していただいた

サイクルライフナビゲーターの絹代さんも、にこやかに通過!

「あちこち大変ですね!」とエールをいただきました。ありがたや~。

 

大阪の越中さんは四万十川を堪能中。

 

気合の入った立ち漕ぎは、土佐市の岡本さん。

 

最後の清流・四万十川、今日ものどかです。

 

チーム相愛やってきました。が、1人おりません…。

松岡くん、どうしたあああ!

 

高知市の安並さん、ナイススマイルで通過。

 

来た来た相愛松岡!

「足が痛てえ~」とか言いながら今通過!

 

この後コースはしばらく四万十川とランデブーを繰り返して山側に折れ、

一路宿毛市を目指します。

 

帰ってきました宿毛市! まだまだ皆さん元気です。

 

佐川の島本さん、ナイススマイル!

 

宿毛工業高校・山崎くん。一人旅になってますが、無事帰郷!

 

土佐町の澤田さん・辻村さんはサブマリングー! 

 

佐川の吉村さんもサブマリングーで通過!

 

ちょっと進んで宿毛工業前

 

皆さんえっちらおっちら帰ってきています。

 

宿毛工業高校は本年度弓道部男子が全国で5位になったそうな。

お隣四万十市の中村高校もセンバツに出ましたし、若者が活躍してますね~。

 

さあていよいよ本部会場・宿毛市総合運動公園に戻ります。

 

運動公園入口の心臓破りの坂、きっつい~。

 

大阪の北村さん、今夜のうまいお酒を楽しみに今フィニッシュ!

 

岡山の栢野さん、微笑んでフィニッシュ!

 

チーム相愛(松岡のぞく)もナイススマイルでフィニッシュ!

 

香川の藤田さん。「終盤の坂がきつかったですが、最後の最後まで景色が良かったですね。

風もきつかったな~。でもロングライドを楽しめました!」。

 

香川の富山さん、宮崎の富山さん。あれっ同性?

は息のあった曲乗りゴール。ご兄弟でしょうか?

 

香美市の幾井さんと、愛媛からいらした伊折さん。

「去年は足摺岬を周るミドルコースに出ました。今日は風が強くて疲れました。

四万十コースは距離も長いですね。四万十川はやっぱりきれいで、海も広い。

砂浜も自然でいいですね。景色を堪能しました」。

 

四万十市の中島さんご夫婦。

「距離が長くて疲れたけど楽しかったです。夫ではなく知らない方に

前をひっぱってもらいました。おかげで夫より先にゴールできました!」。

 

高知の安並さん、中央の方ゼッケン見えず失礼、高知の山脇さん。

並んでフィニッシュ!

 

愛媛の北岡さん、とっても楽しそうにフィニッシュ!

 

愛媛の坂本さん、高知の浜崎さん。爽快にフィニッシュ!

 

チーム相愛、松岡も無事完走! 子どものようなスマイル!

 

鳥取の水原さんとお仲間のみなさん、声援に応えながらフィニッシュ!

 

愛媛の小林さん。「四万十最高! 山側のコースも楽しかったです。

また来年もよろしくお願いします!」

チーム相愛やりきりました!

須佐美さん(右・社員の友達なので敬称あり)。

「ファンライドはおいしいもの食べながら、みんなと一緒に

走るのが楽しいですね。道の駅大正ではうどんが出て、

『ここでうどん! 最高!』って思いました。

ぜんざいもおいしかったな~。あ、景色も十分に楽しみましたよ」。

 

相愛・木質バイオマス事業課・松岡(中央)。

「友達にそそのかされてバイクを始めたばかりです。

しんどかったです。ただただしんどかったです。足も体中も痛いです。

最初は景色も楽しめましたけど、白浜あたりからきつくなって、

後は、ず~っとリタイアしたいしたいと思い続けながら走りました。

やめようやめようと思いつつも走り続けたのは、ギリギリ5時に帰って来れそうな

ペースだったから、やめるにやめられず走る続けてしまいました…。

エイドの食べ物はおいしかったですね。心に染み込みました。

バイク続けられそうか? いや~、前向きに検討させていただきます…」。

 

相愛・永野社長

「最初は3人で、途中からは須佐見くんとずっと一緒に走りました。

マラソン歴の方が長いのですが、マラソンと違って周りの人と会話しながら

走れるのがいいですね。『ここすごい景色やね』とか、今日も初めて会った人と

いろんな話をしながら走りました。エイドでも隣の人と自然に会話が生まれます。

そういうところがファンライドの魅力ですね。今日も十分に楽しみました!」。

 

ラストでフィニッシュした愛媛の立花さん(右端)とお仲間の皆さん。

「やりとげました~、きつかったです~。景色? いや~きつかったです」。

 

              ●

 

いかがでしたか、第5回四万十・足摺無限大チャレンジライド

初日・四万十ロングコースの様子。

風は強かったもののお天気にも恵まれて海山川の自慢の絶景を

お楽しみいただけたのではないでしょうか?

今年からさらにパワーアップしたエイドステーションのおもてなし品も

量・質ともに充実し、楽しんでいたけた模様です。

 

さて、明日は足摺ミドルとショートコース、両日参加で無限大コース

となります。お天気の方は持ってくれるかな?

どんな2日目になったのでしょうか? 

次回更新までもう少々お待ちください。 乞うご期待!

 

つづく

 

グループ企業

相愛フェイスブック