ディスプレイ昆虫標本作製ワークショップ


株式会社相愛では、当社の敷地やこれまでの事業内容を活かして、

地域の方々に環境学習を行っていただく機会の場の提供を行っております。

 

8月18日に開催した昆虫観察会に続いて、昆虫の標本作製ワークショップを開催します。

平成最後の夏に、せっかく大切に育てたカブトムシ、クワガタムシをこの時期だけで終わりにせず、長期間キレイな状態で保管することで、いつでも楽しんでもらうことができるように、またカブトムシやクワガタムシの特徴を一緒に学んで頂けるようディスプレイ昆虫標本ワークショップを開催します。

 

 

勉強をしながら、この夏の思い出を残しましょう!

 

■日時:平成30年10月20日(土)9時~12時  

■場所:株式会社 相愛 レストホール(高知市重倉266-2) ※別紙案内マップ参照

■定員:10組 ※先着順

 (小学生以下は保護者同伴でお願いします)

■参加基本料:1,000円(作成者)、500円(同伴者)

 ※1人で複数体作成を希望される場合は1体につき500円頂戴します)

 ※参加費には、材料費・保険代含まれています。

■申込み締切:平成30年9月20日(木)

■用意するもの:昆虫の死骸(防腐処理済みのもの)

【募集要項】

標本作りをにはカブトムシ及びクワガタムシの死骸が必要となります。

体験を希望される方は虫が死んだ直後に処理を行っていただく必要がございます。

処理に必要となる道具をお渡ししますのでお手数ですが当社までお越しください。お越しになる際には事前にご連絡をお願い致します。お越し頂くことが難しい場合は宅配でも対応致します。その場合の送料は着払いとなります。

下処理には昆虫が死んでから約1ヵ月かかります。

 

標本にできる昆虫:カブトムシ、クワガタムシ、カナブン

標本にできない昆虫:バラバラになった死骸、バッタ、トンボ、チョウなどの昆虫

■詳細:下記添付ファイルをご確認ください。

■問合せ:

 〒780-0002 高知県高知市重倉266-2 (株)相愛  担当:自然環境調査課

 TEL:088-846-6706 FAX:088-846-6712 E-mail:head-office@soai-net.co.jp

ディスプレイ昆虫標本作製ワークショップ開催案内
ディスプレイ昆虫標本作製ワークショップ.pdf
PDFファイル 407.6 KB

申込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です

グループ企業

相愛フェイスブック