アンカーメンテナンス


アンカーは岩盤に打ち込んだ鋼材の緊張力で斜面や構造物を安定させる技術。しかし、鋼材やコンクリートの経年劣化で緊張力の低下が起こる可能性があり、定期的なメンテナンスが必要です。相愛ではアンカーの維持管理に、小型で軽量な「SAMM(サーム)ジャッキ」を開発。足場の仮設やクレーンでの搬入が困難な現場でのメンテナンス試験を可能にしました。現在、高知県内外から多数の試験依頼が入ってきています。

 

事例紹介:お仕事紹介ブログ「室戸公園線アンカー調査」、「アンカー点検の研修用施設を作りました」、「アンカーアセットマネジメント研究会総会」

相愛が所属しているLLCアンカーアセットマネジメント協会のホームページはコチラ

SAAM(サーム)システムのパンフレットと積算資料は下記よりダウンロードいただけます。

サームシステム・パンフレット.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 5.2 MB
サームシステム・積算資料.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 895.4 KB

グループ企業

相愛フェイスブック