産学連携事業

2002年に高知大学、高知工科大学との「産学連携」としてスタートした新事業。2008年にはリハビリ施設向けに歩行訓練機「歩行王(あるきんぐ)」を開発しました。駆動部である特殊な車輪「オムニホイール」を工学系の大学他に販売しています。また、免荷歩行訓練機として「歩助王(ほじょきんぐ)」も開発。高齢者の介護予防・歩行訓練機としてお役立ていただいています。

 


●歩行王(あるきんぐ)

全方向への複合的な歩行訓練により、下肢の筋力向上・動的バランス感覚を向上させることができ、転倒・骨折予防、自立促進に役立ちます。オリジナル訓練プログラムにより、ご利用者の身体状態にあった設定が可能。音声案内やメロディで安全でたのしく歩行訓練が続けられます。

●歩助王(ほじょきんぐ)

手持ちのスリングをご使用いただき、起立から歩行までサポート。安全・安心な免荷歩行訓練が可能です。


●オムニホイール

狭い場所でも自由に移動し、切り替えし操舵なしに目的地までスムーズに移動できる全方向移動機能を搭載したモーター内蔵型オムニホイール。コンテナ等の搬送手段、電動台車やロボットの稼働輪等さまざまにご利用いただいています。詳細は専用ホームページをご参照ください。


グループ企業

相愛フェイスブック