環境学習(ESD)・防災学習

将来を担う子どもたちのために、国内でも珍しい独自の敷地環境を「持続可能な開発のための教育(ESD)の場所」としてご提供し、環境学習を行っています。また、これまで業務の中で培ってきた経験・ノウハウを活かした防災学習にも取り組んでいます。

 

ESD(=Education for Sustinable Development)とは、「1人ひとりが世界の人々や将来世代、また、環境との関係性の中で生きていることを認識し、持続可能な社会の実現に向けて行動を変革するための教育のこと」を言います(引用:環境省より)。

 

子どもたちが体験し、学び、考えることができる独自のプログラムを下記のようにご用意していますので、お気軽にお問合せください。「こんなことできないかな~?」といったご相談もお気軽にどうぞ。

 

■プログラム一覧

●環境学習

 A-1:丸太切り・薪割体験学習

 A-2:竹細工作り

 A-3:タケノコ堀り体験

    (実施時期:3月下旬~4月下旬)

 A-4:竹を使った飯ごう炊飯

    (B-3も兼ねています)

 

●防災学習

 B-1:液状化体験

 B-2:地すべり体験

 B-3:火起こし体験

 

■対象:小学生~高校生

■定員:40名まで

■受付:随時

■開催時期:要相談。日祝日不可。

土曜日は営業日のみ可

※希望日の1ヵ月前までにご連絡ください。

 


グループ企業

相愛フェイスブック