中土佐タッチエコトライアスロン開催!(前半戦)

しばらくぶりのブログですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

寒いっすね~。そんな寒さのつのる高知の11月後半。

 

本日は、まだそんなに寒くなかった1110日に開催された

中土佐タッチエコトライアスロンの模様をレポートいたします。

 

なんで相愛がトライアスロンか、という疑問をいだいたあなた。

コチラをご覧ください。中土佐町の地域おこしも兼ねて

 大会の企画・運営を担当させていただいてるんですよ~。

 

今年の出場選手は個人の部188名、リレーの部21チーム63

ですから総勢251名! 昨年が109名ですから2.3陪!

ますますにぎやかになって、中土佐町の皆さんも大盛り上がりの

2日間となりました。

 

まずは前日受付の様子から。

内なる闘志を胸に、県内外からたくさんのアスリートがエントリー。

受け付けはスイム会場前の小鎌田海岸。

 

スイムコースを眺めながらイメージトレーニング、でしょうか

みなさん海を見つめていました。

 

東京からいらっしゃった村山さんご一家。

明日はパパが泳いで、こいで、走るぜよ!

 

開会式の様子。明日はストマックレンジャーズとして参戦する

中土佐町長・池田洋光氏からのご挨拶。

 

 開会式では、コースについての説明諸注意などがあり、

一同本番に向けて気合を入れ直しました。

 

さてその後は、中土佐タッチエコトライアスロン名物

楽しい楽しい前夜祭! 中土佐の海の幸フルスロットル!

 

食べ放題券をご購入いただきバイキング形式で好きなものを取って…。

 

席の中央に据えられた炭火焼き台で調理! 豪華海鮮バーベキュー!

 

ビールがうまい!

 

明日は頑張るぞ!

 

かつおの刺身食べまくってま~す。

 

ひおうぎ貝がおいしいね~。

 

海鮮炭火焼き最高で~す!

 

もりもり食うぜよ~!

 

頑張りま~す!

 

広島から来ました。刺身がおいしいね。

 

がつがつ食べてファイトいっぱ~つ!

 

明日はやりますよ~。

 

タッチエコ最高!

 

そんなこんなで、盛り上がりまくる選手のみなさん。

みんな明日大丈夫!? ってくらいよく飲んで、よく食べました。

 

明日の健闘を祈って、かんぱ~い!

 

               

 

さて、熱狂の前夜祭から一夜明けて

トライアスロン当日。

 

早朝からにぎわいを見せる当日受付。

 

今年のスタッフTシャツはオレンジ。

 

胸元はこんな感じ。

oyoide koide hashiruzeyo!

 

腕か手にレースナンバーを記します。

 

前年度の覇者・九町さんは1番!

 

あいにくの雨となりましたが、バイクも勢ぞろい!

 

ひと泳ぎして体を慣らす面々。

 

選手を見守るは、その昔大波に困る中土佐の民を救うべく

鬼が運んできたと伝わる双名島。

 

海を見つめて精神統一。

 

そしてやってきた時刻は930分。

第2回中土佐タッチエコトライアスロンのスタートです。

 

海に向かってエイエイオー!

いよいよ始まります。

 

第一組いざスタート!

 

海が俺を呼んでいるー!

 

第二組もスタート!

 

第三組もスタート!

 

あっという間に海のあなたに。

 

「ばあば、今年もやりゆうね~」。「みんな泳ぎが上手じゃね~」。

 

 スイムコースは3週。周回ごとに一度陸に上がってコーンを回ります。

 

途中でコーンが潮に流されるハプニングも…。すぐ回収しました。

 

おし、2週目気合入れていくぞ!

 

個人の部にエントリーした相愛・アンカーアセットマネジメント事業部の常川。

余裕の笑顔。

 

リレーの部にエントリーした、同じく相愛・建設事業部の上野(左)。

やばそうです。

 

そんなこんなでみんながぐるぐる回っている中、

トップ集団が上がってきました。

 

トップはスイムが得意な昨年の覇者・九町さん。

追いかけるは、愛媛から参戦の渡邊さん。

 

上がってきたところで給水ガールズがおせったい。

 

まさに命の水!

 

女性のトップも上がってきました。

 

給水ガールズの声援をバックに、バイクに向かってゴーゴーゴー!

 

え~こちら第二中堅地点のバイク置き場です。

選手の皆さんウエットスーツから着替え、自慢の愛車とともに

颯爽とバイクコースに飛び出して行っています~。

 

え~こちらは外国の方の様です。レースナンバー133番グレゴリーさん

いまバイクに乗り換えました。

 

レースナンバー145番、東京からエントリーの岩田さん

ものすごい形相で駆け抜けていきました。頑張れお父さん!

 

今年はオリンピックディスタンスなのでバイクコースの長さは40㎞。

13週の周回コースを選手たちが待ち受けます。

自転車の折り返し地点の様子はどうですか~。

 

はい、こちらバイクの折り返し地点です。

たった今、女性アスリートの中本さんが折り返しております。

何週目か? ちょっとぐるぐる回っててわかりません。

選手の皆さんも、それぞれ工夫されて周回数を数えられている模様です。

 

家族、友人、知人、地元民の声援を受け周回を重ねる選手の皆さん。

 

ぞくぞくと折り返しております。

 

あ、さきほどの岩田さんです。苦しいのでしょうか、お顔が拝見できません。

頑張れ~!

 

さて双名島が見えるポイントまでやってきました。

 

双名島をバックに激走する皆さん。

 

踏ん張りどころです。

 

でも、なんか気持ちよさそう~!

 

ものすごい速さで美しく駆け抜けていきます。

 

デッドヒート!

 

海の見えるトンネルを続々と駆け抜けていく面々。

 

605番はリレーに出場の中土佐町・池田町長。ファイト―!

 

お、145番岩田さんだ。飛ばしてる~!

 

613番リレー出場の木村さん。余裕の笑み。

 

133番グレゴリーさん。かっこいい~!

 

65番東京都の野田さん。この表情、ちょっと松田優作似。

 

14番愛知県からおこしの竹川さん。目線ありがとうございます。

 

31番岡山県からおこしの下村さん。だいぶきてます。

 

87番は同じく岡山からおこしの井上さん。奥さんはボランティアスタッフ

として給水他、いろいろ活躍してくれています。頑張れ~!

 

101番奈良から平松さん。きまってる~。

 

309番は女性エントリー大阪府の辻江さん。ファイト!

 

313番も女性エントリー地元高知の山口さん。ナイスプリティースマイル!

 

165番大阪から山田さん。ピースサンクス!

 

この辺はデッドヒート。

 

4番渡辺さん。スイムが2位の選手だったので、このあたりがトップ争い!

 

地元のおばあちゃんの声援を受け、気力を振り絞る選手一同。

ばあちゃん曰く「どの人が一番か全然分からんね~」

 

さあ、トップグループはバイクレースを終え、ランに突入した模様です。

後半戦ラン、そして感動のゴールは次回更新。

しばしお待ちくださいね~。

 

~つづく~

中土佐タッチエコトライアスロン開催!(後半戦)

 

グループ企業

相愛フェイスブック